EL PIBE's BLOG "Reset"

オシャレになろうとがんばっていたら、気付いたときにはヲタクになっていました。

スポンサーリンク

iPodの終焉に思うこと

普通の人はCDなんてもう買わなくなった♪ (by 小西康陽)

こんにちは、エルピーベです。

Appleが「iPod nano」と「iPod shuffle」の販売を終了したことが話題になっています。

iPodの思い出と言いますか、厳密にはiTunesの思い出なのですが、初めてCDからリッピングをしたとき、リッピングし終えたCDがなんとなく「抜け殻」に見えた印象がありました。

この話をすると笑われるんですが、私は本気です。

頭ではリッピングとかコピーとかは理解しているので、完全にセンチメントの世界ですけどね。

さて、私自身、純粋な「音楽プレーヤー」としてのiPodは、初代iPodiPod photoを使ったことがあるのみで、その後はiOS端末であるiPod touchiPhoneを使ってきたので、こういうときだけ話題にするのも卑怯な気もします。

ただなんというか、一連の記事を読んで感じたのは、純粋な「音楽プレーヤー」をそれなりの価格で売るには、テクノロジーが進歩しすぎて無理な時代になったという感慨でした。

たとえば、iPhone 7の256GBを埋めてもなお足りないほどの曲数・CDを所有している人って、どれだけいるんですか? って話です。

ただですらCDの所有枚数が少ない上に、CDの販売枚数も減ってきている。

小西康陽の歌詞じゃないですけど、「普通の人はCDなんてもう買わなくなった♪」(Negicco「アイドルばかり聴かないで」)時代です。

Negicco 2011~2017 -BEST- 2 [CD+Blu-ray Disc]

Negicco 2011~2017 -BEST- 2 [CD+Blu-ray Disc]

その一方で、リスナーサイドの欲求は際限なしなので、無料、せいぜい少額じゃないと嫌がるくせに、もっと音楽を聴かせろと言ってくる。

結局、サブスクリプションと広告付き無料プランへの移行を業界は迫られたわけです。

iPodを生んだApple自身がApple Musicを始めましたし、最近Spotifyの有料会員が6000万人突破というニュースがありました。

私としても、サブスクリプションで新しいお気に入りのアーティストを見つけやすくなったのは嬉しいのですし、探す行為自体も結構楽しんでます。

だがしかし、サブスクリプションで聴くことがどうしても「本当に応援になっているのだろうか?」と思ってしまうんですよね……。

えぇ、完全にセンチメントの世界ですけどね(苦笑)。

スポンサーリンク