EL PIBE's BLOG "Reset"

オシャレになろうとがんばっていたら、気付いたときにはヲタクになっていました。

亀田興毅が引退撤回し、ローマン・ゴンサレス戦を希望

One More Match

こんにちは、エルピーベです。

2018年5月5日、ボクシング元3階級制覇王者の亀田興毅の「引退試合*1」が行われました。

スパーリングは参考タイム2R 12秒でレフリーストップとなったのですが、本当のメインイベントはスパーリング後に行われた引退セレモニーで起きました。亀田興毅は、10カウント・ゴングを遮り引退を撤回。元4階級制覇王者ローマン・ゴンサレスと改めて引退試合をしたいというプランをぶち上げたからです。

これでこそ亀田劇場だと、私も膝を叩く思いでした。

卓越した自己プロデュース力と言えば良いのでしょうか。同じく世界で戦う格闘家もプランニングを絶賛しています。

そして、動員力。

観戦していた世界チャンピオンの木村悠も、客入りの良さに驚きを禁じ得なかった様子。それだけ普段の日本のボクシング界は、不景気な話が多い。

亀田家の才覚を活かせなかったのは、日本ボクシング界にとって損失以外の何物でもなかったと再認識しました。

*1:対戦相手のポンサクレック・ウォンジョンカムが国内規定の36歳を超えるためライセンスが交付されず公式にはスパーリングという扱い