EL PIBE's BLOG "Reset"

オシャレになろうとがんばっていたら、気付いたときにはヲタクになっていました。

財務省職員、国土交通省内に保管されていた文書を改竄後文書に差し替えるも、国交省職員の機転で失敗に終わる

辻褄合わせのためにはなんでもやるのか?

こんにちは、エルピーベです。

各種報道によりますと、財務省職員が、国土交通省内に保管されていた文書を改竄後の文書に差し替えていたことが判明しました。

学校法人「森友学園」への国有地売却に関する決裁文書改ざんで、財務省職員がつじつまを合わせるため、国土交通省に出向き、同省内に保管されていた文書を改ざん後の文書に差し替えていたことが4日、財務省の調査報告書で分かった。しかし機転を利かせた国交省職員が保管文書のコピーを提示し、原本は無事だったため、失敗に終わった。

国交省文書こっそり差し替え=コピー示され失敗-財務省

国土交通省の職員が原本を保管していたため、失敗に終わっていたみたいですが、恐ろしい話です。

それにしても、この事件から財務省は何を学ぶのであろうか?

まさか「国土交通省内に協力者を作っておくべきだった」とでも結論づけるのだろうか?

財務省解体論

財務省解体論