EL PIBE's BLOG "Reset"

オシャレになろうとがんばっていたら、気付いたときにはヲタクになっていました。

それほど悪くない試合だからこその不安 国際親善試合 日本代表vs.スイス代表

三味線だと信じたい

こんにちは、エルピーベです。

2018年6月8日(日本時間9日)に日本代表はスイス代表と国際親善試合を行い、0-2で敗れました。

一言でまとめると、格上相手に「実力通り」の完封負け。

内容は改善しましたが、逆にこのままでは本大会で負ける確率は高まったと言っていいでしょう。

それは、とにもかくにも慣れ親しんだ4-2-3-1のシステムで、あまりにもオーソドックスに戦ったこと。

双方奇策を弄せず、がっぷり四つで戦えば、格上が勝つのは当たり前のこと。

日本は格下なのですから、座して死を待つよりもハイリスク・ハイリターンな戦術にした方が良いだろうにと思わざるを得ない。

もちろん、そんなことは経験豊富な西野朗監督にしてみたら、百も承知だとは思う。

本大会からの逆算で、様々なテストや情報戦をやるための三味線であったと信じたい。