EL PIBE's BLOG "Reset"

オシャレになろうとがんばっていたら、気付いたときにはヲタクになっていました。

「価値あるドロー」日本代表 vs. セネガル代表

リバウンドメンタリティーが格段に向上

こんにちは、エルピーベです。

2018 FIFAワールドカップ ロシア大会のグループステージの第2戦、日本代表は2-2でセネガル代表に引き分けました。

試合内容はといいますと、実に評価が難しい試合ですね。2度リードされ、その度に追いついたことは、とても高く評価しなくてはいけません。ただし、スコアが2-2になってからの最終盤の日本ペースで勝ち越せなかったことはもったいないかなと。

試合開始直後は、セネガルの圧力に押された。

日本はビルドアップのときに中盤から長谷部が下がってきてCBの吉田と昌子との連携で相手のプレスを剥がすのですが、この3人の中ではパス出しに不安のある昌子にわざとボールを持たせる動きをされたり、LBの長友が対面のサールに慣れるまでは後手を踏むシーンがいくつかあった。

その流れの中で、原口のクリアが小さくなったところを拾われて打たれたシュートをGK川島がパンチングするが、至近距離まで詰められていたマネに押し込まれて(当たって?)失点。小さくなってしまった原口のクリアの方向にしても、川島がパンチングするにしても横ではなく前に向かってしまったことなど、おそらくCKをなるべく与えない約束事があったのだろう。結果論だが、CKに逃げていれば防げた失点だった。

早い時間にリードしたことでセネガルは圧力を弱めて、ゾーンで待ち構える様になる。ただ、ゾーンの構築が若干ルーズなこと、ゾーン外側のケアをあまりしないことから、長谷部や吉田から縦パスが打ち込める様になり、香川や柴崎も「間で受ける」ことができ、一転して連携で崩しにかかる日本ペースになる。ただ、最後の局面ではセネガルのDF陣の個人能力が高くなんとかされてしまうため、最終ラインの前から打った長谷部のミドル以外は見せ場がないまま時間が推移していく。

そんな重い雰囲気の中、個人としてようやくペースをつかんでいた長友のオーバーラップに柴崎がドンピシャのロングパス、長友が2人を引きつけたところでサポートに来た乾にスイッチして、そのままファーサイドに巻くシュートを決め、前半のうちに同点に追いつく。少ないチャンスをモノにできたのが大きかった。

後半は一進一退からやや日本寄りのペースで進行。ただ、大迫のクロスへの飛び込みが合わなかったり、乾のカットインシュートもバーに当たったりと、決定機で決められない。逆に、セネガルはマネの突破からサバリがゴール前に折り返し、ボールをニアングが触り、走りこんできたワゲに押し込み、リードを奪ってしまう。

追いつきたい日本は、香川に代えて本田、原口に代えて岡崎を立て続けに投入、2トップにする変更。するとこれが当たり、大迫の岡崎を狙ったクロスが相手GKと交錯、こぼれ球を拾った乾が中央へ折り返すと再度岡崎と相手GKが交錯、ファーにいる本田が難なく詰めて同点。

この後は、運動量が落ちて焦りだしたセネガルを日本が攻める展開が続き、乾を宇佐美に代えるも大きな見せ場がなく試合終了。

この結果、勝点・得失点差・総得点・直接対決の結果でセネガルと並ぶも、反則ポイントの差で日本がグループHのトップに立つことになりました。

改めて振り返ると、勝てた試合だったが、3点目を獲れなかったことよりも、2失点のうち1つは防げたのではないかと考える方が重要だと思う。逆に、あまりバランスを崩さない戦い方をしているのにかかわらず、流れの中で2得点できたのは明るい材料かなと。特に、大会前に試合勘が心配された香川と柴崎が好調なのは嬉しい誤算かなと。

さて、次の試合会場のヴォルゴグラードは、とにかく暑いという話。また、グラウンド内にはユスリカという蚊が大量にいて集中力を削ぐという情報もある。今大会はスタッフがオールジャパンなので、コンディショニングには万全の準備をしてもらって、ポーランドのスカウティングを怠らず、しっかりと戦ってもらいたいですね。

この姿勢さえあれば、4年前のザックジャパンでも、結果はともかく内容は誇れるものになったと愚痴りたくなるのは横に置いておいて(苦笑)。