EL PIBE's BLOG "Reset"

オシャレになろうとがんばっていたら、気付いたときにはヲタクになっていました。

「またしても跳ね返されたベスト8の壁」日本代表 vs. ベルギー代表

善戦したと喜んでいては未来がない

こんにちは、エルピーベです。

2018 FIFAワールドカップ ロシア大会の決勝トーナメント1回戦(ラウンド16)、日本代表は2-3でベルギー代表に敗戦。大会から姿を消すことになりました。

率直な感想として、多くの人が思う通り、そして長友ら何人かの選手が語った通り、このチームでやれることは全てやり、100%の力は出せていたと思います。

まず、ベルギー戦の2得点だけでなく、同じスタメンだったコロンビア戦・セネガル戦も2得点しており、このチームにポテンシャルは間違いなくあったのかなと。大迫・香川・乾・柴崎とサブの本田はチームとしても個人としても攻撃ではよく機能していたし、ベルギー戦では右サイドの原口も機能した。短い時間の中でこれほど攻撃が構築できるのは嬉しい誤算だった。

守備面では、流れの中というのは結構手応えを感じたと思う。しかしそれは、過労死レベルと評される前線の頑張りあってこそという点と、マルチローラーの長谷部が最終ラインを助けていたわけで、個人としての守備力が上がらないと、チームとして耐える時間が長くなったり、攻撃に割ける人数を作れない。

相変わらずだったのは、セットプレイとカウンターの守備。そして、途中交代でフェライニの様な、前回大会で言えばドログバの様な、高さやフィジカルを持ったフレッシュな選手が入ってきたとき、簡単にやられてしまうなと。日本人選手の体格が一日でよくなるものではないので、守備の共通理解と交代選手に対する応手は用意してほしい。

結局、ベスト8に到達するには、まだいろいろ足りなかったわけです。

さて、今回のベスト16が日韓大会や南アフリカ大会と決定的に違うのは、この経験をどの様にして次へ繋げていくかが難しいところにあります。大会前には「忖度JAPAN」と並び、「おっさんJAPAN」と揶揄された通り、今回の日本代表は平均年齢が高かったので、急激な世代交代は必須です。

試合後すぐに代表引退を表明した本田の他にも、川島・長谷部・長友は、カタール大会ではほぼ間違いなくいないと考えるべきでしょう。

だからこそ、長年にわたりヨーロッパで活躍した彼らの属人的な人間力に頼るのではなく、大局的なプランに基づいた地道な強化で分厚い選手層を作ることへ舵を切るべきです。これこそが、遠回りの様で一番の近道であると信じます。

正にお手本が、今日の相手だったベルギーです。