EL PIBE's BLOG "Reset"

オシャレになろうとがんばっていたら、気付いたときにはヲタクになっていました。

ヨーロッパのAmazonの労働者が「プライムデー」に合わせてストライキ決行

便利さの裏側

こんにちは、エルピーベです。

各種報道によりますと、ドイツ 、スペイン、ポーランドなどのAmazonの労働者が、「プライムデー」に合わせて労働環境改善を求めてストライキを決行しているそうです。

今日の夜中まで、Amazon(アマゾン)は世界的にプライムメンバー限定でアイテムを大放出するプライムデーセールを行なっていますが、同時にヨーロッパでは倉庫労働者が労働環境改善を求めてストライキを決行しています。
今や生活に欠かせないAmazonですが、その労働環境の劣悪さは幾度となくメディアに取りあげられてきました。ブラック企業もひれ伏すレベルの真っ黒さで、倉庫で働く人も、配達のトラックドライバーもトイレ休憩することすらままならずにペットボトルにおしっこしている人が続出しているそう。しかも、アメリカではAmazon社員にも関わらず政府の生活補助を受けてフードスタンプで暮らしている人も少なくありません。
そんなアマゾンで、労働環境改善を求めてストライキを起こしているのはドイツ 、スペイン、ポーランドなどの労働者たち。ドイツはプライムデーに合わせて1日限定、スペインは3日間、ポーランドは段階的に継続して行なわれています。

環境の改善を求めた世界のAmazon労働者、プライムデーにストライキを決行する | ギズモード・ジャパン

日本ではこのストライキが起こっていないので、日本国内の買い物には影響ありません。

しかし、言われているような労働環境の話を聞くと、なんとも複雑な気分になってしまいますし、買い物するならばなんの心配もなくしたいものです。

なぜアマゾンは「今日中」にモノが届くのか

なぜアマゾンは「今日中」にモノが届くのか