EL PIBE's BLOG "Reset"

オシャレになろうとがんばっていたら、気付いたときにはヲタクになっていました。

LGBT差別発言の杉田水脈こそ非生産的である

自由の敵に自由はない

こんにちは、エルピーベです。

いささか遅くなってしまったが、「新潮45 2018年8月号」に掲載された自民党所属の衆議院議員杉田水脈(すぎたみお)の寄稿記事「『LGBT』支援の度が過ぎる」については、やはり問題提起しておきたい。

特に問題なのはこの部分。

LGBTのカップルのために税金を使うことに賛同が得られるものでしょうか。彼ら彼女らは子供を作らない、つまり「生産性」がないのです。そこに税金を投入することが果たしていいのかどうか

大雑把に言って、ツッコミどころは3つある。

  • 子供を作らないという一点をもってLGBTには生産性が無いとする偏見と差別
  • 生産性が無い人に税金を使う必要は無いと言い切る人権意識の欠如
  • そもそも生産性の定義がおかしい

今回の発言だけでもアウトだと思うが、従前より何かと言えば「コミンテルンの陰謀」を持ち出した支離滅裂な言動が多く、悪い意味で有名な議員である。

それこそ、杉田水脈議員が税金を投入されているにも関わらず非生産的なのである。

また、ここまでの差別を繰り返す杉田水脈議員に対して何の処分もせず放置する自民党は、LGBTの尊厳のみならず、基本的人権について語る資格のない政党になってしまうのが、分かっているだろうか?

新潮45 2018年08月号

新潮45 2018年08月号