EL PIBE's BLOG "Reset"

オシャレになろうとがんばっていたら、気付いたときにはヲタクになっていました。

J.LEAGUE、外国人選手登録無制限、5人同時起用の改革案を提示

競争と保護のバランス調整を

こんにちは、エルピーベです。

各種報道によりますと、J.LEAGUEは、2019年シーズンから外国籍枠を拡大する方向で調整しているとのことです。

比較表にするとこの通り。

登録種類 現行 改革案
選手A登録25人*1 外国籍枠5人*2 無制限
ベンチ入り18人 外国籍枠3人+AFC枠1人 外国籍枠5人
試合出場11人 外国籍枠3人+AFC枠1人 外国籍枠5人

随分と思い切った改革案だなという印象です。

私としては、競争と保護のバランス調整として現行制度からは競争側に改革した方が良いという考えの持ち主ですが、日本だけが国内リーグで外国籍選手の出場機会を増やすのではなく、ACLまで含めたレギュレーション変更に持ち込まないと、意味は薄れてしまうのかなという気がします。

むしろACLの価値上昇案として、同様の改革を各国に働きかけてほしいと思うところです。

*1:ACL出場チームの場合は27人

*2: J.LEAGUE提携国であるタイ、ベトナムミャンマーカンボジアシンガポールインドネシア、マレーシア、カタールの国籍を有する選手は外国籍枠に入らない。