EL PIBE's BLOG "Reset"

オシャレになろうとがんばっていたら、気付いたときにはヲタクになっていました。

FBI、パスワードを黙秘した容疑者に対しFaceIDで強制解除

生体認証とパスワードは別物なのか?

こんにちは、エルピーベです。

各種報道によると、米連邦捜査局(FBI)が、捜査過程において容疑者が所有するiPhone Xのロックを、容疑者の顔(FaceID)を使って強制的に解除させることがあったそうです。

容疑の内容とかではなく、気になったのはこの部分。

FBI、容疑者の顔で「iPhone X」をロック解除--家宅捜索で命じる

Face IDや指紋スキャナのような生体認証機能で使用される身体的特徴と比べ、パスワードは法執行機関にとって入手するのがはるかに難しい。パスワードは生体認証と違い、合衆国憲法修正第5条によって黙秘権が認められているからだ。

https://japan.cnet.com/article/35126409/

端末に保存してある内容は、家宅捜査の対象になるのは日本もアメリカも一緒ですが。

アメリカですと、パスワードは黙秘権の対象にはなるが、生体認証はパスワードの一種とはみなされずに黙秘権の対象外だということに驚きました。

容疑者から「記憶」であるパスワードを聞き出すためには、捜査機関から非人道的な尋問が行われる可能性があるが、生体認証によるロック解除ならば、そんな尋問など必要がないからということなんでしょうね。

ひるがえって、日本においてはこの手の話題はまだ出てきていません。が、パスワードは黙秘権によって保護されるか? また、生体認証は黙秘権の対象外か? 近いうちに否が応でも議論になる気がします。

iPhone X 256GB SIMフリー スペースグレイ

iPhone X 256GB SIMフリー スペースグレイ