EL PIBE's BLOG "Reset"

オシャレになろうとがんばっていたら、気付いたときにはヲタクになっていました。

課題を残しつつも進む「世代交代」 国際親善試合 日本代表vs.パナマ代表

ワールドカップ組が合流して、森保体制の本格スタート

こんにちは、エルピーベです。

国際親善試合キリンチャレンジカップ2018が2018年10月12日に行われ、日本代表が3-0のスコアでパナマ代表に勝利。先月同スコアで勝利したコスタリカ代表戦に続き、森保ジャパンは、順調なスタートを切ったと言えるのではないでしょうか。

相手のパナマはロシア大会での印象そのままで、フィジカルを活かしたダイナミックなサッカーをするものの、ミスが多くて得点力・決定力に欠ける相手でした。それを思えば、何度かサイド、特に左側を何度か崩されたのは、スコアに関係なく一番大きい反省点かなと。

攻撃面ではコスタリカ戦に続き、「4-2-3-1」の「4-2」と「3-1」の前後分断された時間帯が多かったのが気になりますね。この時間帯は守備でも低調でしたので、アジアカップまでには修正してほしいところです。

収穫といえば、東京世代期待のCB冨安健洋に現時点でもそれなりの力量があること、2戦連発の南野拓実と伊東純也の調子の良さ、三竿健斗が初めて代表で内容を残せたことが挙げられますね。総じて言えば、世代交代が順調に進みそうな期待感を感じた一戦でした。