EL PIBE's BLOG "Reset"

オシャレになろうとがんばっていたら、気付いたときにはヲタクになっていました。

AIBA、IOCからの警告を無視してガフル・ラヒモフを会長に選出 オリンピック種目からボクシング除外もやむなし

AIBA新会長ガフル・ラヒモフは、ヘロイン売買における重要人物

こんにちは、エルピーベです。

このブログでも2018年2月6日のエントリー2018年10月5日のエントリーと2回取り上げてきましたが、2020年東京大会ではボクシングがオリンピック種目から除外されることがほぼ確実となった模様です。

各種報道によりますと、「国際オリンピック委員会(IOC)」からの再三にわたる警告の甲斐無く、2018年11月3日に行われた「国際ボクシング協会(AIBA)」の会長選挙でガフル・ラヒモフ会長代行を新会長に選出しました。これを受けてIOCは、2018年11月30日から東京で開催される次回の理事会で、ボクシングをオリンピック種目から除外させるための審議をする方針とのことです。

新会長ガフル・ラヒモフ氏は、ロシア系犯罪組織「ブラザーズ・サークル」の主要メンバーで、ヘロインなどの麻薬売買における重要人物とされていることによります。

これ以外にも、AIBAは、八百長や買収などの審判問題への対応の甘さ、ドーピング対策の遅れといったIOCが懸念する諸問題を放置しており、最早手遅れといった状況です。

いちファンがどうこう言ったところで改善するものではないですが、ボクシング界の損失は計り知れないでしょうね。

メダリストへの道―五輪に挑むボクサーたちの肖像

メダリストへの道―五輪に挑むボクサーたちの肖像